la strada

strada

さあて、なぜ、LA STRADAの話になっているかは、きっとおわかりでしょう。そう、オリンピック男子フィギアで銅メダルをとった高橋大輔選手のフリー・プログラムがこの『道』をモチーフにしていたからです。

私を知っている人であれば、私がこの曲、そしてこの選手にはまってることはすぐにわかったでしょう。4回転こそ失敗しましたが、その他のジャンプはほんとにきれいでした。日本人なのに、この表現力、とっても誇らしいです。ひとつのドラマがありましたね。ジェルソミーナ、そしてザンパノ、このふたりの悲しいまでの人間らしさ、幸せなとき、つらいとき、音楽、芸、どうしようもならない感情……ああ、そんなものが皆、このプログラムに詰め込まれていましたよ。

Plakat._La_strada

この日、実は撮影が入っていました。朝9時から始まって、多分、午後2時くらいまではかかってしまうかな、と思っていたのですが、なんとすばらしく、お昼前には終了。スタッフの皆も、撮影そっちのけで(いえいえ、そんなことないんです)そわそわでしたが、カメラマンK氏がきっちりと決めてくれました。彼のとってもすてきなスタジオには、テレビモニターこそありませんでしたが、テレビチューナーをつなげて、完ぺきに見れるようにしてくれたPCの前で、みんなでカレーを食べながら観戦しました。

20100219-00000108-jij_vanp-spo-view-00020100219-00000102-jij_vanp-spo-view-000

J事務所系のルックスだけど、そのスケーティングには定評があります。彼の次にすべったジョニー・ウィアーが、点数がそれほど出なかったことを聞かれ「ダイスケの滑りを見たのかい?」と聞きかえしたと言います。ひとつのプログラムとして、完成度は一番、ひとを感動させるには充分な出来だったと思います。

そして、高橋選手の名誉のために言いますが、彼は4回転を公式試合で何度も飛んでいます。例えば、2007-2008シーズンの4大陸選手権では4回転トウループ、4回転トウループ-2回転トウループ2回、跳んでいるのです。その後、あの大けがです。

このことは、女子の試合が始まる前にアップしたいと思ったのでした。私が真央ちゃんを応援するのは、ハッピーだからです。滑り終わった後、真央ちゃんが満面の笑顔になると、それはほんとうに、まわりをハッピーにするからです。最終結果は金曜日ですね!


Powered by WordPress with Hiperminimalist Theme design by Borja Fernandez.